スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

殻ノ少女【感想】

パッケ
↑クリックでHPにとびます

メーカー:Innocent Grey
ジャンル:ADV
シナリオ:鈴鹿美弥
原画:杉菜水姫

捜して欲しいんだ。――私を。本当の、ね
シナリオ★★★☆☆ キャラクター★★★★☆ グラフィック★★★★★
歌,BGM,演出 ★★★★☆ 実用度★★★☆☆

あらすじ
<昭和三十一年四月。私立探偵の時坂玲人は最近頻繁に起こる猟奇殺人について依頼され、行方不明者が多数でている学園に教師として潜入する。しかし女学院ということで慣れない場所に捜査もままならず犠牲者だけが増えていってしまう。そしてあらたな犠牲者に選ばれたのが…>


先の気になる展開シナリオ、美麗なCG、雰囲気にあっていて心地良いBGM。それだけに最後の展開は少しがっかりしてしまった

がっかりしてしまったと書きましたが最後に至る過程まで大変楽しめた作品でした。
なににがっかりしたかというとこの作品まだ終わってないんですよね。
ということで多くの謎を残しながら殻ノ少女は終わってしまいます。
しかしながら先の気になるシナリオヒロイン達が躊躇なく死んでいく姿はもはや様式美というか。カルタグラで学んでいたので特に驚きはしませんでしたけれどクリックが止まりませんでした。

プレイした上で苦労したのはやはりフラグ管理の難しさでしょうか。
今回部屋の捜査や死体捜査をクリックで行う場面があり、証拠を集めきっていないのに進んでしまう、クリックで調べられる証拠の範囲が狭すぎて気づかなかったりとあまり好評ではないように感じます。
自分もなかなか違うルートに辿りつけず攻略サイトも多少使うような感じになってしまいました。
この捜査以外にも普通の選択肢が相当に多いので攻略サイトを見ず、EDコンプCGコンプはかなり難しいんじゃないかと個人的には思いました。
面白いんですけどねこのシステム。1周目とかは

過去作カルタグラから繋がるお話。個人的にはとても楽しめました。
京極夏彦先生の魍魎の匣のパクリオマージュなんて言われてますが自分は読んでないのでなんとも言えません。
続編の虚ノ少女はこの2年後と過去のお話なそうなのでやるのが楽しみです。

初音
スポンサーサイト
[ 2013/08/05 20:34 ] げーむ【感想】 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://achuluka.blog.fc2.com/tb.php/32-c8f5d05f








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。