スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レミニセンス【感想】

レミニセンス タイトル
↑クリックでHPにとびます

メーカー:てぃ~ぐる
ジャンル:ADV
シナリオ:衣笠彰梧
原画:トモセシュンサク

それは、記憶の物語――
シナリオ★★★☆☆ キャラクター★★★★☆ グラフィック★★★★☆
歌,BGM,演出 ★★★☆☆ 実用度★★★☆☆

設定、世界観、ストーリーともに眼を見張るものがあるが回収しきれてない謎、伏線が多すぎて中途半端と言わざるを得ない出来

遠い未来のストーリー
住めなくなった地上を捨て地下にその住居を移すことになった人類
そんな狭い限られた空間で対立する2つの街
外交官として奮闘する主人公、隠された未知との遭遇、地上の秘密、発見される謎の少女
その先にあるものは


プレイした皆さんが思う最初の言葉はこれで終わり?でしょう。
それぐらい尻切れがよくなかったです。
序盤から中盤にかけては丁寧に作ってる印象。ただ誤字脱字が多いのが気になりました。ボイス切れもありましたがともにパッチで修正可能なようです。
というように急いで作ったのかなという感が拭えない作品でした。

面白いんですよ…すごく面白かったんです。ただそれだけに各ヒロインルートの適当さ。とくに凛と希望。
凛はともかく希望なんて立場的にもっと関わってきてもよかったですし。
昆布豆豆太郎さんはかっこよかったですけどやっぱり次回作で主人公かW主人公的な立ち位置になりそうな気がします。というか恋ちゃん可愛すぎてもうどうでもいいです
なんにしてもこれで終わりなんてことはないと思いますので期待しすぎずまた続編を待とうと思います。護衛シリーズも大好きなので。

OPはゆいにゃん。好きですよこの歌


ちっぱい
スポンサーサイト
[ 2013/06/24 23:01 ] げーむ【感想】 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://achuluka.blog.fc2.com/tb.php/30-f9b3b951








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。