スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏ノ雨 瀬川理香子ルート【感想】

夏ノ雨

瀬川 理香子(CV:さくらはづき)
半分だけ血のつながった姉弟
――こんなことなら誰かを好きになんてなるんじゃなかった。
まさにクールビューティー

異母姉弟ということで焦点はそこかと思っていたんですが。「家族」これをテーマに理香子ルートは進んでいきます。

思ってみれば問題だらけだった桜井家。離婚、家族間のコミュニケーション、そして理香子との同居生活。普通、不倫相手の子を引き取ろうとは思わないですよね。特に序盤の妹朋実と理香子の確執は酷いものでした。

どこか似てるよあの子とあたし、
 好きな人にはとことん臆病になるとこなんて、そっくり

夏子さんは酷い母親だとは思いましたが、彼女も純粋だったのでしょう。愛する人に裏切られたと思った夏子は自暴自棄になった時期があった。宗介達が子供の時で母親らしいことはまるでしてやれなかった。それが夏子と朋実、両者にとっての鎖のようなものになっていたと感じました。親らしく振る舞えない夏子、子供らしく甘えたいのにできない朋実。その葛藤が終盤のシーンではひしひしと伝わって来ました。こういう腹を割って話す時がきて雪解けを迎えるわけですがここでようやく親子になったと言えるそう思えました。

人を好きになっちゃったんだね、きっと
 好きだから嫌われるのが恐いんだもん。
  嫌いなヤツにどれだけ嫌われたって平気だもんね

「大切なものはいなくなる。だから覚悟をしておかなくちゃいけない。」理香子母の言葉。それが呪いのように理香子の脳裏によぎる。好きになるほど苦しくなる、取り返しのつかなくなる前に逃げてしまう理香子。
俺はいなくならない。だからずっと一緒にいよう。結婚しよう。
愛情を知ってしまった理香子は怖くなってしまったのかもしれません、得たものを失うことはとても恐いことだと思います。それをかき消す宗介くんの言葉。正直臭いです。でもこのシーンすごく合っていると思いました。まさに未熟な主人公が好きな人のためにする奮闘劇。

エピローグ。本当の家族になれた理香子。親として生きようとする夏子。
そんな暖かい家族ドラマを見させてもらった気分です。異母姉弟ということで恋愛に大変な困難はあるだろうけど見守っていきたい。そんな家族にまつわるお話でした。


夏ノ雨 理香子

スポンサーサイト
[ 2012/07/23 19:36 ] げーむ【感想】 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://achuluka.blog.fc2.com/tb.php/15-3d379e96








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。